ランドセルの歴史

今日ではランドセルは日本の子供たちにすっかり定着していますが、いつ頃から日本で使用されるようになったのでしょうか。

ランドセルの歴史

今日ではランドセルは日本の子供たちにすっかり定着していますが、いつから使用されるようになったのでしょうか。

日本のランドセルの歴史は意外と知らないものですが、そのはじまりは江戸時代まで遡ります。

西洋式軍隊制度を導入して背嚢(はいのう)と呼ばれるリュックサックのようなものが、当時将兵の間で使用されるようになりました。

オランダ語ランセルが訛ってランドセルといわれるようになったと言われています。

これは明治時代も軍隊で使用されていました。

通学カバンとして初めて導入したのはこの時代に学習院でといわれています。

各家庭の格差があるので平等の精神から統一したランドセルを導入することになったそうです。

有名なエピソードに伊藤博文が大正天皇の入学祝いにランドセルを献上したという話がありますが、これが注目を集めることになりました。

当初通学カバンとしてのランドセルは背嚢のようにリュックサックに近く素材も今のように高品質のものではありませんでした。

流行しても当初は都市部のみで地方ではまだ風呂敷に学用品などをいれて子供たちは通っていました。

日本中に普及したのは昭和30年代以降ですが、男の子は黒、女の子は赤というのが一般的で他の色はあまり定着しませんでした。

ところがhttp://www.mascaraormotoroil.com/のように、近年個性に合わせた形状や色が流行ってきています。

ランドセルの関連動画

ランドセルを背負っている小学生の動画

もうすぐ一年生。ランドセルを背負って登校するのを楽しみにしているみたいです。